血圧降下剤との併用は不幸

バイアグラには計3回の臨床努力が行われました。第一段は機密の簡単なもので、被験者もたったの12者でした。第2タイミングは被験者を様々な種類に分けて、副作用の突発や、薬の血中濃度を確認するもで、第一段よりは医療が難しくなっていました。

 

ただし、第3タイミングの臨床テストになると大勢の被験者が押し寄せました。バイアグラを試してみようという集まった人の列が、アパートを取り囲んですほどでした。

 

第3段階では、テスト事項は21として、無作為に選んだ被験者について、プラシーボによる二重盲検法による比較努力が半年にわたり行われました。

 

被験者のダディーたちは、一定の容積(25、50、100mg)を服用する種類って、気配をみながら容積を変えて服用する種類などに分けられました。

 

19年齢~87年齢までの3000者を超える被験者の要項は、勃起不全の原因が生理的な輩(58パーセント)精神的な輩(17パーセント)両方のパートが原因の輩(24パーセント)となっていました。

 

努力時のはじめといった終わりには、被験者について、勃起不全のインターナショナル取り付けによる調査が行われました。

 

学者たちは、何年も前にバイアグラがセックスの時にパーフェクト勃起を促し、差し込み復路も勃起を持続させるということを、同意のゆくまで確認していました。

 

摂取する容積が加わるによって良い結果が得られ、25mgを摂取した輩の63パーセント、50mgを摂取した輩の74パーセント、100mgを摂取した輩の82パーセントが何らかの効果を得たとニュースされました。

 

また、プラシーボを摂取した輩が同じように報告した率は24パーセントでした。その上、努力時が終わってなさる追尾探りでは、33パーセント~50パーセントの輩が、4ウィークの間にせめて1回はセックスで勃起したとニュースがされました。

 

被験者は日々、ダイヤリーを塗ることになって、それに因るってセックスを試みる数(ウィークに2回)には結末がないが、性仕組みの面では明らかな改革がみられました。

 

信念兼syあがセックスに成功した数をセックスを試みた回数で割った率は、バイアグラを服用した輩が66パーセント、プラシーボを服用した輩は20パーセントとなりました。

 

これらの臨床努力の多くは3ヶ月~半年の間で行われましたが、中には1通年バイアグラを服用し続けた輩もいました。

 

ファイザー会社は、薬の効果が現れないなどの理由で摂取を辞めた輩が滅多にいない件に注目しました。その上、88パーセントの被験者から次のような効果がニュースされました。

 

・バイアグラを通じて勃起した時のオチンチンの硬さが増した
・勃起の数が増えて存続アビリティーが出てきた
・頻繁にオーガズムに至るようになった
・欲情が強くなり欲情を覚える数も増えた
・セックスの数が目立ち、幸福が得られてセックスを遊べるようになった

 

これらのことからすると当たり前のことかと思いますが、全体的にパートナーとの人付き合いも深まったについてになりました。

 

また、ファイザー会社は、バイアグラは種族、世代、勃起不全の原因やその程度に関係なく効果があった事を示しました。

 

勃起不全の原因として、冠状動脈病、高血圧、その他の心臓または周辺内臓の血管の病、糖尿疾患、うつ病、前立腺前切除或いは経尿道チック前立腺切除、脊髄損壊、また心臓疾患や精神病の薬物注射を通して要ることなどが挙げられますが、これらはバイアグラの効果の有無には関係ありません。

 

しかし、それぞれに効果の差はあるとのことでした。また、ど根性硝酸塩を服用している者は、バイアグラを摂取出来ません。それは次のような薬物が含まれます。

 

・ニトログリセリン(銘柄ニトロバイド、ニトロスタット)
・イソソルビド硝酸塩(銘柄イソルジル、ソルビトレード)
・ペンタエリトリトール四硝酸塩(銘柄ペントリトル、ペリトレート)
・エリトリチル四硝酸塩(銘柄カルジレート)

 

バイアグラは、これらの薬物が今や低下させた血圧を却って急激に低下させてしまう。

 

バイアグラの販売月々前に、ファイザー会社の向けはゲイの皆さん(同姓愛情輩)について、仲間でねばり強い人気の「ホッパー」というやる気剤は、バイアグラと共に用いると危険であるとアラートを通していました。

 

ホッパーを吸収したときの「恍惚インスピレーション」を楽しむ者は多いが、ホッパーは亜硝酸アルミであるため、心臓疾患手当に選べる硝酸塩と同じように、血圧の急激低下を招きます。

 

但し、ファイザー会社は、臨床努力のあとあと、また新たなアラートをいくつか行わなくてはいけませんでした。

 

オチンチン解剖学的異常がある者(オチンチンの繊維の一部が硬くなって、勃起すると歪曲したり、疼痛を感じたり始めるペーロニ疾患などによる)や欲情によらない存続勃起症を有している者(鎌状赤血球貧血、拡散性骨髄症、白血病)は、バイアグラを服用する際に注意が必要です態度。

 

ホスホジエステラーゼの遺伝子異常である網膜色素変性症を患わっていらっしゃる者、また黄斑変性のように、網膜に病が認められる者はバイアグラを摂取できません。

 

又は、服用するとしても最小限度の容積に留めて置かなければいけません。

 

バイアグラの通販トップページ